人生いろいろ お乳もいろいろ〜セルフオーダーメイド育児〜



添い乳をやめた


って記事書いたけど




「添い乳なんてやめた方がいいぞ!!!」




って意図じゃないからね♪








世界には2人と
同じ母ちゃんと同じ赤ちゃんの
組み合わせはないんよね。








んで


同じ環境で育児してる人もおらんよね。


年齢も体調も千差万別。






だから


お母さんがよくよく
赤ちゃんをみて
自分の気持ちを感じて
身体の声を聞いて
頭で考えて
好きに選んだらいいさ〜。




って思うぞよ。










ミルク?母乳?
いつまで?
どんな風に?
離乳食いつから?


っていう


形とか表面的なことも大切だけど






母乳の中身や
ミルクの中身がなんなのか?


とか


飲むときの気持ちとか
それをしたときの
赤ちゃんの様子


お母さんの心身の健康状態
をしっかりキャッチして




セルフオーダーメイドで
実践してきゃぁいいんでないかな


と思うのだよ。








添い乳の件で言えば


個人的には


産後


母体を休ませてあげたい3ヶ月くらいは


起き上がって授乳って


相当ダメージがあったから




添い乳って


『天から与えられた秘技!!!!!!』


って感じるくらい有難かった。








でも赤ちゃんもしっかりして
母体もエネルギッシュになってくる
6ヶ月前後からは


添い乳は


“忍法セルフ金縛りの術”


でしかなくて


読んで字のごとく


金縛りを日に何度も味わう苦痛になった。








でも気づけば癖になって


母子ともに中毒になっていた。


(金縛り中毒とか変態かwww)












やめるのは覚悟と勇気がいったけど


やってみると意外と簡単だった。










暮らしなんて
生き方なんて
変えようと思ったら
いつでも一瞬で変えられる。










だから
あれが正しい
これは間違い
とかって自分を縛り付けずに






子育てだって
自分の経験から学べばいいと思うよ〜。








どうせ完璧な親になるのは無理だから
反省は付きものだしね。








子どもにはいつも


ごめんね
ありがとう
大好き


しかないもんね。










それさえ素直に言える母ちゃんであれば


なんだっていいんだべよ〜♡






って私は思うな〜。



Misaki Kumegawa

母が笑えば 子が笑う あなたの笑顔は 家庭の幸せ 女は世界のムードメーカー

0コメント

  • 1000 / 1000